SHIMAの自己紹介

自己紹介をご覧いただきありがとうございます、SHIMAです!

アプリゲーム制作・運営の会社にプランナーとして転職し、現在はディレクターを務めています。

とは言ってもこのゲーム業界に足を踏み入れたのは30代を過ぎてから

しかもゲーム業界はおろか、会社員すら未経験でしたので、転職活動はなかなか大変なものでした。

きっとこのページを読んでくれているあなたも、同じようにゲームプランナーに憧れながらなかなか難しい転職活動を送っているんじゃないでしょうか?

そんな転職の時の話も踏まえながら、SHIMAの自己紹介をお伝えしていきます。

プロフィール

30代前半の男。独身。東京都在住。

某ゲームアプリでディレクターを務めています。

担当しているゲームはおかげ様で数百万ダウンロードいただくくらいにはヒットしています!(正確な数値を書くと即身バレしそうなのでぼかしますw)

自分でゲームをプレイするのも好きで、人生の最初の記憶は2歳くらいのときに「ドラクエ3」をプレイしていたこと

さすがにアリアハン~レーベ辺りをうろうろしていただけでしたがw

好きなゲームジャンルはRPG。

今までにプレイ・クリアした作品数、200は超えると思います。

アクションゲームはあまりやりませんがスマブラだけはハマって全キャラVIP!

スマホアプリは「オクトパストラベラー」と「ウマ娘」を現在はプレイ中です。

30代で未経験からゲームプランナーに転職

冒頭にも書きましたが、僕がゲームプランナーに転職したのは30代になってから

しかもそれまでちょっと特殊な仕事をしていたため、会社で働いていた経験も全くありません

それでもゲーム業界で働きたいと思った理由。

それはやっぱり「ゲームが好きだから」

転職した理由についてはちょっと身バレが怖いので避けますが、やっぱり働くなら自分の好きなことに関わりたかったんですよね。

この気持ちはきっと共感してもらえるんじゃないでしょうか。

プランナー志望で数社を受けるも、連戦連敗

ゲーム系に強いと言われる転職エージェントに4社ほど登録し、いきなり正社員での採用は難しいだろうと思っていたため「派遣社員」の形でいくつかの会社を受けました。

コンシューマー系、アプリ系合わせて5社で面接していただきましたが、結果は全てダメ

年齢はすでに30代、客観的に「自分は即戦力になりますよ」と伝えられるものがあれば結果は違ったのかもしれません。

やっぱり未経験で、見てもらえる作品や企画書などもなかったため、たとえ契約社員だとしても雇用する側としては採用するのは厳しかったのでしょう。

アルバイトからのスタート~そして正社員に

自分には客観的に評価してもらうものはまだ何もない。

なら「主観的に評価してもらうしかない!」と判断して、よりハードルを下げてアルバイトから始めました。

アルバイト情報サイトでゲームプランナーの仕事を検索したところ、「正社員登用あり」の記載がある募集が目に入り、さっそく応募!

時給は1000円と、30代の稼ぐ金額としてはかなり低いものでしたが、自分がゲーム業界に入るにはもうこの方法しかなかったんですね。

幸い、今も働かせてもらっているこの会社は「経験よりもやる気を重視する」とおっしゃってくれて、無事にアルバイトのゲームプランナーとして第一歩を踏み出すことができました。

入ってからは安い給料で正社員以上にマジメに働き成果を出し、当初の目論見通り(笑)、アルバイト登用から半年で正社員となることができました!

ゲームプランナーになりたいあなたへ

僕自身、ゲームプランナーとして仕事をするようになって3年ほどたち、今ではディレクター職を任せてもらえるようになりました。

忙しいことのほうが多いですし、楽しいと思える仕事ばかりではありません。

それでも一生懸命にがんばれるのは、やっぱりゲームが「好き」だから。

ゲームを作るという仕事はどうしたって楽しいし、最高です!

どうすればゲーム業界で働くことができるのか、数年前の僕と同じように悩んでいるあなたの役にたつ情報を、このブログでお伝えできれば幸いです!

Twitterもやってます。ちょっとした裏話やTipsなどが見られるかも?)