この記事では未経験からゲームプランナーを目指す方に向けて、ゲーム業界の職種についてご紹介していきます。

ゲームプランナーになりたいのに他の職種を知る必要があるのか?と思うかもしれませんが、あります!

ゲームを作ることには多くの専門的な技能を持っている人たちが携わっており、ゲームプランナーという仕事はそのような人たちの「つなぎ」的な仕事を果たすのも大きな役割です。

ゲームプランナーを目指す上で知っておくべき、ゲーム業界に携わる職種についてざっくり網羅していきます!

30代で未経験からゲームプランナーに転職し、現在はディレクターを務めるSHIMAが解説していきます。

(この記事の筆者については、詳しくはこちらの記事をご覧ください)

ゲーム業界の職種

さっそく、ゲーム業界のなかでも特に「ゲーム制作に直接関わる職種」をご紹介します。

ゲーム制作に関わる職種
  • プランナー
  • エンジニア
  • グラフィック
  • サウンド
  • 品質管理(デバッガー)

ゲーム制作に関わる職種だけでも色々あることが分かると思います。

さらに、例えばグラフィックでも2D・3Dなどでも分かれますし、キャラを描く人・背景を描く人などさらに細かく専門性は分かれていきます。

また、「ゲーム制作に直接関わらないがゲーム業界の職種」もあるのでそれも合わせて確認しておきましょう。

ゲーム業界のその他の職種
  • マーケティング
  • 翻訳
  • 総務・人事

このような職種も立派な「ゲーム業界」の職種です。

「ゲームプランナー」は人気・採用倍率も高く、ある程度の専門性が必要な仕事です。

一方でゲーム制作に直接関わらない仕事であれば、他業種で得た経験を活かせることも多く転職成功率は比較的高いと言えます。

もしあなたがプランナーを目指す理由が「ゲーム業界で働きたい」ということなら、このような他の職種を視野に入れることで転職の成功率を高めることができます。

ゲーム制作に関わる職種の概要

ゲームプランナーが仕事をする上で直接関わることの多い、「ゲーム制作に関わる職種」についてもう少し詳しく解説していきます!

担当することになる作品がコンシューマなのかスマホアプリなのかや、ゲームのジャンルなどによっても大きく内容は変わってきますので、ある程度共通する部分についてご紹介しますね。

ちなみにプランナーの仕事内容については、別の記事でもっと詳しく解説していきます。

エンジニアの仕事内容

ゲーム業界におけるエンジニアの仕事内容は、「プランナーが考えたイメージを実際に動作させるプラグラムを作成する」というものになります。

(もちろん一方通行ではなくエンジニアから「こうしたほうがいいんじゃ?」と提案いただくこともあります)

例えば、格闘ゲームで言えば「Aボタンを押したら何秒後(正確には「フレーム」)に弱パンチが出る」とか、もっと単純なものならスマホアプリで「ガチャボタンを押したら抽選を開始する」とかを実現する仕事です。

あくまでプランナーが先に「こういう仕様にしたい」という大まかな設計図を用意して、それを実現するというものになりますので、プランナーとしてもどういう仕様なら実現できそうか?ぐらいはイメージできる基礎的なプログラミングの知識は持っておいて損はありません。

グラフィックの仕事内容

グラフィックについてはイメージしやすいと思いますが、ゲーム内に登場する「画面に映る画像・映像全て」を作成する仕事です。

また、グラフィックはその専門性によってさらに細かく分類していくことができます。

  • 2D
  • 3D
  • キャラクター
  • 背景
  • その他のUI(ボタンやメニューなど)
  • モーション・演出

グラフィックに関しても、作成の際に基準となるのは「プランナーの用意した仕様書・発注書」です。

どんなイメージの画像を作成してもらいたいのか、そのスタート地点を決めるのはプランナーなので、プランナーとしてもグラフィック・デザインの基本的な勉強はしておくと後々得になりますよ。

サウンドの仕事内容

ゲーム内で使用する「音」に関する仕事です。

大きく、次の二つに分かれます。

  • BGM
  • SE

※キャラボイスのある作品ではボイスの収録、声優さんとのやり取りをマーケティング側で担当して、その音源をサウンドチームが処理する形が多いかと思います

ドラクエやFFなど、有名な作品ほど「音楽」が大きな注目を集めるように、サウンドはゲームの世界観を左右する非常に大きな要素です。

BGMはイメージしやすいかもしれませんが、SEも同じ。

例えばドラクエの村人が話すときのSEも男性が話すときは低い音で「ドゥルルル・・・」なのに対して女性が話すときは高い音で「トゥルルル・・・」だったりすることも、そのSEだけで世界観を表しています。

このBGM・SEについてもスタート地点はプランナーの仕様書や発注書です。

どんな音を作ってもらいたいのか、そのイメージを言葉でどう伝えるのか、ここもプランナーの腕の見せどころと言えるでしょう。

品質管理の仕事内容

品質管理の仕事内容は、出来上がった仮のゲームデータを実際にプレイして、バグがないかを探すことです。

実際にゲームがリリースされる前には、実は数え切れないほどのバグがあります。

それらのバグをこの品質管理チームが一つ一つ報告し、そのバグを修正し・・・という作業の積み重ねることで完成度を高めていきます。

品質管理とのやり取りについてもプランナーが窓口になることが多く、実作業的にはエンジニアやグラフィックが担当することになるバグでもまずはプランナーが検討して、「こう直してください」と各担当に依頼をするような流れになります。

専門分野の基礎知識は役に立つ

プランナーとして働く上で、他の職種との関わりが非常に大きいことが理解していただけたと思います。

記事中にも書きましたが、プランナーが依頼をする際に「伝わりやすい仕様書・発注書」を作成できることはイメージ通りの作品を作っていくために重要なスキルなので、それぞれの分野の基礎的な知識を蓄えておくと後々役に立ちます

もちろんそれを専門に担当するわけではないので、ざっくり理解できるくらいの入り口の知識があれば十分です。

転職活動前からそんな勉強をしている希望者はそうはいないと思いますので、余裕があれば今のうちに勉強しておくと一つのアピールポイントにはなるかもしれません。