未経験でのゲームプランナー転職について

 

ゲーム業界への転職を希望する人はたくさんいますが、その中でもゲームが大好きという人にとって超人気となっているのがゲームプランナーというお仕事です。このお仕事は、ゲーム企画とかゲームクリエイターと呼ばれることもあり、ゲームに新しいアイデアを吹き込むというクリエイティブなお仕事です。

 

ゲーム業界で働いたことがない未経験者の人にとっては、1つのゲームが開発製造されるまでの工程や、どれだけの人がどんな風に作業をしているのかという点は具体的に把握しにくいものですが、ゲーム業界では、任天堂Wiiやプレステのようなゲーム機の開発を行う企業と、ソフトの開発を行う企業とがあり、それぞれ開発を部分的もしくは全体的に行う子会社などたくさんの企業が関係しています。ゲームプランナーはこのうち、ソフト開発を行う企業から募集されることが多いお仕事でで、知名度が高い企業を挙げるとすれば、バンダイナムコとかセガ、カプコンなどがあります。

 

ゲームプランナーとして働いた経験がない人が転職を希望する場合、こうした大手への転職を希望してもなかなか採用に結び付きにくいのが現状です。その理由は、経験者で高いスキルを持っている人たちが採用されてしまうから。そのため、未経験者の場合には知名度が低く中小規模のソフト開発会社への転職を考えるとか、まずは開発元となる子会社へ転職をして実際にプログラム業務に携わり、基礎的なスキルを身につけてからソフト開発企業への転職を試みるという方法など、いくつかのルートがあります。未経験者の場合、どのルートが自分に合っているのか、またそれぞれのメリットやデメリットがよく分からないことが多いので、ギークリーなどゲーム業界の転職に精通したサイトを利用して仕事探しをするのがオススメです。プロの担当者が仕事探しをサポートしてくれるので、客観的にプロの立場でアドバイスをくれますし、時間をかけずに効率的に自分にピッタリの仕事を見つけやすく、採用されやすい仕事を選んで応募できるなどのメリットが期待できます。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



未経験でのゲームプランナー転職の方法

 

ゲームプランナーの仕事をしたことがない未経験者でも、ゲームプランナーとして転職することは可能です。そのためにはまず、ゲームプランナーが具体的にどんな仕事をしているのかを理解して、必要なスキルや専門知識を習得していくことが必要ですね。ゲームプランナーのお仕事で必要なスキルはいろいろありますが、その中でもパソコンが使えることは言うまでもない絶対条件となります。ゲームプランナーのお仕事では、書類作成に膨大な時間を費やすことになるので、文書作成ソフトのワード、表計算ソフトのエクセルが使えることもまた、絶対条件となっています。さらに、ゲームプランナーは仕事のスケジュール管理をする上でフローチャートを活用することが多くなるため、フローチャートも作成できるスキルを持っていることが必要ですね。この知識は、特に仕事をしていなくても趣味の延長線上として十分に独学で学習できます。マイクロソフトオフィスを購入して、自分で普段から使い慣れておくことをおすすめします。

 

また、ゲームプランナーのお仕事はスケジュール管理をする事が大切な職務となります。一つ一つの作業にかかる時間を決めて、スケジュール管理をしっかりしていくことはゲームプランナーに与えられる仕事となるので、スケジュール管理スキル、人材をまとめるスキルなども必要となります。また、ゲームの作成においてはたくさんの人がプロジェクトにかかわるため、ゲームプランナーは一人一人とコミュニケーションを取りながら進捗状況を確認していかなければいけません。そのため、コミュニケーションスキルや対人スキルなども持っていなければいけないスキルと言えるでしょう。

 

ゲームプランナーにどの程度の開発スキルが求められるかという点ですが、開発スキルが全くないとスケジュール作成ができないため、プログラマーほど専門的な知識を持っていなくてもある程度のプログラミング知識も持っていることは必須です。ゲーム開発においては、たくさんの工程が必要となり、それをゲームプランナーが一つ一つ順番通りにスケジュールを立てることになります。そのため、プログラマーとしての経験をある程度積んでからプランナーへ転職するという人は多いですね。