未経験でのゲーム業界会社転職について

 

ゲーム業界の会社に転職を希望する人の中に、これまでゲームとは全く関係ない生活や仕事をしてきたという未経験者はたくさんいます。ゲーム業界は他の業界と比べると将来の成長が期待される業界ですし、バーチャルな空間でのモノづくりができるとあって、転職希望者は年代を問わずにたくさんいるのが特徴です。また、学歴や経験などはあまり考慮せず、即戦力として働けるかどうかという点を最優先にした採用基準が設けられている点も、多くの求職者たちを虜にする理由だと考えられます。

 

未経験でゲーム業界へ転職したい場合、ギークリーのような転職サイトを活用して「未経験者OK」のお仕事を探す方法がオススメです。ゲーム業界からの求人は全国にたくさんあり、その中には未経験者可のものも多くありますが、一つ一つを調べながら比較するのはとても大変です。そこで、転職サイトの検索機能を活用し、自分の条件や希望に合った仕事を絞り込み、その中から条件や収入によって自分にピッタリの仕事を探すという方法が良いでしょう。

 

未経験者でもOKのお仕事はたくさんあり、求人募集によってはターゲットとなる年代が指定されていないものも多いようです。しかし、会社側にとっては40代の未経験者よりも20代の未経験者の方が採用しやすいので、未経験者の人が仕事探しをするなら、できるだけ早めにしたほうが良いかもしれませんね。ただし、40代でも趣味や特技など自己流でスキルを身につけていて、即戦力として働ける人なら会社側にとってはメリットとなるので、採用されやすくなるようです。

 

未経験者の転職ではギークリーを利用するのがオススメですが、その理由は他にもあります。それは、ギークリーでは登録するとゲーム業界の転職に精通したプロが仕事探しをサポートしてくれて、プロの視点から的確なアドバイスをくれるというサービスがついているためです。自分1人で仕事探しをするよりも、広い視野で幅広い分野で求人探しができるので、時間をかけずに自分にピッタリの仕事を見つけやすくなります。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



未経験でのゲーム業界会社転職のコツ

 

ゲーム業界で働いたことがない未経験者が、ゲーム会社への転職に成功するコツはいくつかあります。ただゲームが大好きだからという熱意があることはどんな年代でも大前提な条件なのですが、年齢ごとにどんなポイントを抑えるのが転職に成功するコツなのかを知っておくことも、転職に成功するためには必要でしょう。まず、未経験者がゲーム業界への転職をする場合、最も有利になるのは20代です。20代でも後半よりは前半の若い年齢の方が、未経験者の転職には圧倒的に有利となります。これは、20代前半だとまだ社会人としての経験やスキル、専門的な知識は低くても仕方ないと考えてもらえるためで、未経験者にとっては転職しやすい条件がそろっています。これが20代後半とか30代に入ると、ある程度の専門知識やスキルを持っている方が採用されやすくなってしまうので、未経験者にとっては選択肢の幅が少しずつ少なくなってしまいます。未経験者の人は、転職を考えたら少しでも早くアクションを起こすことが必要ですね。

 

ゲーム業界は年齢よりもスキルとか専門知識が高く評価される業界です。そのため、未経験者と言っても趣味の延長としてプログラムの知識やゲームデザインの知識などがあれば、採用される確率はグンと高くなります。趣味の延長戦状でこうした実務に必要なスキルを持っている場合には、履歴書や職務経歴書を読んだだけでは分かりづらいのですが、面接の際にはできるだけ形として披露できるように、これまで自分が作成した何かを持参するという方法もアリです。実際に見てもらえたら自分のスキルレベルを客観的に評価してもらえるので、場合によっては採用につながりやすくなります。

 

また、ゲーム業界への転職では、何よりもゲームが大好きという熱意を持っていることが大前提となります。スキルや専門知識は学ぶことができますが、ゲームが大好きという気持ちは教えてもらうことはできないからです。ゲームがそれほど好きではないという人なら、持っているスキルを活かして別の業界へ転職したほうが、採用されやすくなりますし、ゲーム業界で必要なスキルをそのまま生かせるIT企業はたくさんあります。どうして他のIT企業ではなくてゲーム業界なのかと聞かれたときに、迷うことなく自分はゲームが大好きだから、と言えるほどの情熱や熱意を持っていたほうが、採用されやすくなります。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」の詳細はこちら