40代のゲーム業界転職について

 

ゲーム業界では、年齢や学歴に関わらず、即戦力となる人材を採用することが多いという特徴があります。ほかの業界では、40代になると持っている経験やスキルを直接的に生かせるようなお仕事でない限りは、なかなか転職先を見つけることは難しいですし、ましてや転職で収入アップとなると、ヘッドハンティング系の仕事探しぐらいしか見つからないというケースが少なくありません。しかしゲーム業界の場合には、どんなスキルを身につけているのか、どのような経験があるのかによって、40代でも採用されることは十分に可能ですし、効率的に効果的な仕事探しをすることが、転職に成功するポイントとなります。

 

40代の場合、これまでゲーム業界で働いた経験がない人だと即戦力になるかどうかという点で企業側が慎重になるため、面接の際には自分にどのようなスキルがあるのか、そしていつどこでどんな風にそのスキルを学んだのかをアピールする必要があります。趣味や特技としてプログラミング技術を身に着けた人なら、作品を持参して自己PRに使うという方法もアリでしょう。手ぶらでアピールするよりも、実際に作品を見てもらうことによって、企業は具体的にスキルを把握できますし、それが採用につながることは多いようです。

 

ゲーム業界では、ほかの業界と比べると求人募集の中で特定の年代をターゲットにしている求人が少ないという特徴があります。未経験可というお仕事もたくさんありますが、40代で未経験可のお仕事を探すというのは、スキルがありませんと自己PRしているようなものですし、未経験可のお仕事は一般的に給料面がイマイチなものが多いので、応募する際にはよく考えたほうが良いでしょう。40代の場合には一人で転職活動をするよりも、ゲーム業界の転職に精通したプロにアドバイスをもらいながら仕事探しをしたほうが成功できる確率が高いので、ギークリーのような転職サイトを利用するのがオススメです。無料で利用できるサービスなので、ぜひ活用しましょう。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



40代でのゲーム業界転職は可能か

 

ゲームは老若男女を問わずに大人気ですし、若い人が好むゲームもあれば、年配の人が好むゲームもありますよね。そうしたゲームを開発しているゲーム業界では、ほかの業界と比べると年齢が高くても採用されやすいという特徴があります。一般的な業界では、40代になってしまうと管理職へのヘッドハンティング的な転職が主になってしまい、未経験者が転職を希望しても、ほとんど採用されることがなくなってしまいます。また、ゲーム業界ではスキルや知識が必要なので、40代がこれから基本的な知識やスキルを身につけようとしても、即戦力にならずに使えない、なんてことにもなりかねません。しかし、すでにゲーム業界で働いていて、仕事に関する知識やスキルを持っている人なら、年齢に関係なくスキルが評価されて転職しやすいのが、ゲーム業界なのです。

 

ゲーム業界での転職は、40代でも十分に可能と言えるでしょう。まったく別の業界から未経験者としてゲーム業界経転職するのは難しいですが、自分自身でプログラムのスキルやデザインなどに関する知識やスキルを持っていれば、社会人としての職務経験がなくても評価してもらうことはできます。その場合には、面接の際に自分で何かアピールできるものを形として持っていくことをおすすめします。趣味の延長としてゲーム業界で実用的な知識やスキルを持っていても、履歴書や職務経歴書ではそれを証明することができません。自分で作った何かがあれば、ぜひ持参して評価してもらうことをおすすめします。

 

既にゲーム業界で働いていて、スキルを活かしてキャリアアップ的な転職を希望する人はたくさんいます。この場合には、持っているスキルをより高めたいという理由での転職なので、40代でも比較的受け入れてもらいやすいでしょう。ただし、40代になると、そろそろ定年退職に向けて具体的なプランニングが必要となる年代なので、転職する際には転職先の福利厚生や定年退職金制度などについても、しっかりリサーチした上で賢い選択をする必要があります。まだ40代だから平気、なんて言っていられません。定年退職金制度については、企業ごとに受給資格条件が異なっていて、定年退職時に勤務していることだけが条件ではなく、勤続10年とか勤続20年が受給のために必要な条件と設定されている企業などもあります。もしも定年退職金を受け取りたいのなら、そうした点を確認することも大切でしょう。40代で転職してしまうと、場合によっては勤続20年の条件を満たすことができずに定年まで勤めても退職金を受け取れないという可能性もあります。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」の詳細はこちら