20代のゲーム業界転職について

 

ゲーム業界では、年代に関係なくたくさんの求人募集が出されています。20代の場合には、他の年代と比べるとどの業界でも経験値やスキルレベルはどうしても低いものですし、企業の側もそれは承知しているので、経験値が低くても転職は比較的しやすくなっています。そのため、これまでゲーム業界で働いた経験がない人でも「未経験者OK」という求人を見つけやすく、これからゲーム業界で働いてゼロからいろいろなスキルや経験を身につけたいという人にとっては、チャンスが多い業界と言えるのではないでしょうか。

 

また、すでにゲーム業界で働いた経験がある人や、高いスキルを持っている人なら、転職で高収入を得ることも可能です。この業界では、即戦力となる人を最優先に採用しますし、年齢や学歴などはそれなりに考慮はされますが、ほかの業界と比べるとあまり重要視されないという特徴があります。プログラムやWEBなどIT系のスキルにかけては自信があるという人なら、学歴にあまり自信がなくてもゲーム業界なら高収入を稼ぐことが十分に可能ということは嬉しいですよね。

 

20代でゲーム業界への転職を考えている人は、ギークリーのようなゲーム業界専門の求人情報サイトを活用する方法がオススメです。取り扱っているお仕事は全てゲーム関係のお仕事ですし、検索機能を使えばたくさんの選択肢の中から自分にピッタリのものを迅速に絞り込むことができます。高収入のお仕事や、人気のメーカーなど、求人募集が出るといつも応募者が殺到するような非公開求人でもギークリーなら常時2000件以上取り扱っているので、より取り見取りな状態で楽しく仕事探しができるのではないでしょうか。

 

20代の転職で気をつける点は、仕事探しをする際に収入面や待遇面だけにとらわれず、自分にとってどんなプラスの経験やスキルを身につけることができるかという点を重要視した仕事探しをするという点です。ゲーム業界は他の業界よりも平均の転職回数が多く、身に着けたスキルを活かして次の転職先を見つける人がたくさんいます。大切なことはスキルという点は理解しておきたいですね。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



20代未経験でのゲーム業界転職について

 

20代でゲーム業界への転職を希望する人はたくさんいますし、まったく未経験という人も多いものです。他の年代と比べると、20代は経験がなくても比較的採用されやすいという特徴があるので、未経験の人にとっては、30代になってしまうのを待つよりも20代のうちに転職したほうが、選択肢の幅はたくさんあると言えるでしょう。もちろん、20代と言っても20代前半なのか後半なのかによって、転職のしやすさは変わってきます。20代前半なら、まだ社会人としてのキャリアや知識を持っていなくても仕方ないと考えてもらえる年齢なので、ゲームが大好きという強い気持ちがあれば、比較的未経験でも採用されやすくなっています。ゲームの開発に必要なスキルや知識は、入社してから学ぶことができますが、ゲームに対する熱意は教えることはできないので、ゲームに対する熱意を持っていることが採用の大前提、となっている企業は多いようですね。

 

20代未経験でゲーム業界への転職を希望する人はたくさんいますが、具体的にどんな仕事をしたいのかという点によって、どんな企業がぴったりなのかは異なります。ゲーム作りに携わる人はとても多く、プログラマーやプランナー、デザイナー等幅広くありますし、それぞれに専門的な知識やスキル等、求められるものが異なってきます。未経験者が転職先を考える際には、特に20代の場合には今後のキャリアということもよく考えたうえで、社員教育に力を入れている企業を選ぶのが良いでしょう。基本的にスキルアップは自己責任という企業だと、未経験者にとってはキツイかもしれません。基本的な部分から教えてもらうことができる企業の方が、基礎をしっかり押さえながら必要な知識やスキルを習得できるので、おススメですね。また、未経験者が転職先を探す際には、できるだけ転職サイトを活用するのがおすすめです。転職サイトでは、ゲーム業界に精通しているプロが適切なアドバイスをくれるので、満足度が高い仕事探しができます。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」の詳細はこちら