ゲーム業界 転職回数の影響つにいて

 

ゲーム業界は、ほかの業界と比べると比較的新しい業界ですし、即戦力になることが学歴や年齢よりも重要視されるので、転職回数が多くても他の業界ほどマイナスの影響になることは少ないようです。ただし、それぞれの転職に理由や意味がある場合に限定されるので、仕事が嫌だからという理由で転職を繰り返している人にとっては、転職回数がマイナスになってしまうリスクは高くなります。

 

採用担当者は、履歴書や職務経歴書に目を通すことで、どんな理由で転職したのかがなんとなく把握できるものです。明確な意味や理由を持って転職した人の場合には、転職することでスキルアップできていたり、実績につながることが多いのですが、むやみに転職を繰り返している人の場合には、色々な職場で働いても身に着けたスキルが少なかったり、レベルがイマイチということにもなりかねません。そのため、転職回数が多い事はゲーム業界への転職においては、絶対にマイナスにならないという保証はなく、場合によっては回数が多くても問題ない、と考えておいた方が良いかもしれません。

 

それでは、転職回数が多い人は、どんな点をアピールすることが転職を成功するために必要なのでしょうか。それは、実績です。例えば、転職をしてステップアップできたり、よりハイレベルなスキルを身につけられていれば、その転職は自分にとってプラスだったと言えるでしょう。しかし、転職理由や目的とは裏腹に、転職した企業が思っていたところとは違って後悔することももちろんあります。

 

その場合でも、嫌だからとすぐに転職してしまうのではなく、自分なりに身につけられるスキルを習得したり、実績を残したうえで次の転職先を探すというスタンスを貫いたほうが、将来の転職では有利となります。もしも過去に、転職したことを後悔した経験がある人は、その中でどんな事を学べたのか、マイナスの経験の中からでもプラスの何かを手に入れたという実績を、面接の際に質問されたらいつでも答えられるように準備しておきたいですね。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



ゲーム業界 転職回数の平均について

 

ゲーム業界は、ほかの業界とは少し特徴や傾向が異なり、新卒から定年退職まで一つの会社に勤務し続けるという概念があまりありません。多くの人達は、自分のスキルを磨いてキャリアアップやステップアップすることを望んでいますし、実力次第でどんどん収入をアップできる業界でもあるため、多くの人は正社員として働くよりも、フリーランスなどで働くことを希望していたりします。そうした背景があるので、ゲーム業界手の転職回数は、ほかの業界よりも平均すると多くなっています。

 

以前の日本では終身雇用が採用されていたため、転職すること自体が珍しかったり、転職するというと世間から白い目で見られてしまうこともありました。でも近年では、ゲーム業界以外でも転職する人は増えていますし、ライフスタイルやライフステージに合わせて転職する人も多くなっていますよね。ただし、まったく転職をしないという人も多かれ少なかれ存在するため、日本人の平均的な転職回数は1.8回程度となるようです。つまり、人生において1回もしくは2回転職をすれば、平均的だということでしょう。

 

一方ゲーム業界の場合には、平均的な転職回数は3回〜5回と言われています。転職回数が多くなることは、必ずしもマイナス評価につながるわけではありませんが、転職をする理由はもちろん聞かれるので、きちんと答えられるようにしておきましょう。「仕事が嫌だからやめた」とか「やりたいことと違っていたからやめた」等ネガティブな理由は、残念ながら面接官にはマイナスの印象を与えてしまいます。転職理由を聞かれた際には、よりポジティブな理由で転職したことをアピールできるように、面接前にはきちんと準備しておきたいですね。例えば、上級スキルを習得するために転職したとか、ヘッドハンティングされた、などという理由は、面接官に対してプラスの印象を与えるので、転職回数が多くなっても、それほどマイナスの影響にはならないようです。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」の詳細はこちら