ゲーム業界への転職理由について

 

右肩上がりに急成長を続けているゲーム業界は、すでに業界内で働いている人は元より、まったくゲームとは関係ない分野で働いている人にとっても「注目したい転職先」として人気があります。転職する理由は人それぞれですが、その中でも多くの人は「ゲーム業界にずっと憧れていた」という理由で転職を希望することが多いようです。もちろん、憧れが強くても必要なスキルがなければ転職に成功することは難しいですが、憧れや熱意があれば、必要なスキルを身につける際にもどんどん頭に入ってくるものですし、スキルを身につけることで転職しやすくなることは確かなので、これから転職を考えている人は、まずは幅広いスキルを身につけることから始めると良いでしょう。

 

モノづくりをしたくてゲーム業界へ転職したいという人もたくさんいます。モノづくりというと、少し前までは職人が専門的なスキルを駆使して何かを作り上げるというイメージがありましたが、昨今ではWEBやITのスキルを駆使してデジタルなモノづくりをすることも可能です。その中でもゲーム業界は、子供から大人まで幅広い人たちが楽しめるクリエイティブな作品を作ることができるため、ゲームが好きな人にとっては楽しみながら仕事ができ、やりがいや充実感を得られる業界と言えるでしょう。

 

ゲーム業界でどんな求人情報が出ているのかを調べるなら、GEEKLY(ギークリー)のようなゲーム業界専門の求人転職サイトを利用する方法がオススメです。このサイトを利用すると、大企業から中小企業まで幅広い企業からの求人をチェックできますし、専門性や分野を絞り込んでピッタリの求人を絞り込むこともできます。ゲーム業界と言っても求められるスキルや専門的な知識は大きく異なるので、自分が得意な分野やスキルを最大限に生かせるお仕事を見つけたほうが、高待遇で転職しやすくなることは言うまでもありませんね。GEEKLY(ギークリー)なら、時間をかけずに迅速に探している仕事を見つけることができますし、そこから応募の手続きをすることも可能です。忙しい人にとってはとても便利な求人サイトとなっています。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



ゲーム業界の転職理由人気ランキング

 

ゲーム業界へ転職を希望する場合、かならずそこには転職理由があるものです。基本的にはどのような理由で転職を希望しても悪いことではありませんし、働きたいと思っている業界で働くことは、生き生きとやりがいを持って働くことにもつながるので、おススメです。しかし、心の中に思っている転職理由をそのまま面接の際に口にしてしまうと、場合によってはNGなことがあるので注意しましょう。ゲーム業界への転職理由で人気のものをランキング形式にしてみました。

 

第1位:ゲーム業界へのあこがれ
この業界へ転職する人で最も多い転職理由は、ゲーム業界へのあこがれですね。これは20代から30代前半にかけての若い人に多く見られる理由で、別の業界からゲーム業界への転職を希望する人が多く口にする転職理由となっています。面接の際には、もちろん憧れを持って転職を希望することは悪いことではないので、この理由を口にしたからと言って不採用となってしまうことはありません。しかし、憧れだけではなく、働くためには専門的なスキルが必要になるので、もしも自己学習などでスキルを証明できれば、なおよいですね。

 

第2位:モノ作りをしたい
ゲーム業界への転職理由の中には、モノ作りをしたいという理由で転職を希望するというものがあります。なぜゲームなのかというと、子供のころから親しんでいたものだから、というのがその理由なのですが、ゲーム業界でのモノ作りと言っても幅が広いので、できれば具体的にどんな仕事に携わりたいのか、という点も面接で述べることができれば理想的ですね。

 

第3位:スキルを活かしたい
IT系企業で働いた経験がある人の中には、持っているスキルを活かして大好きなゲーム業界に貢献したいという理由で転職を希望する人がいます。持っているスキルを活かすということは、即戦力として働ける経験者ということなので、企業側にとっては大歓迎の人材と言えるのではないでしょうか。幅広いスキルをハイレベルでマスターしている人は、採用にとても近づきやすくなるでしょう。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」の詳細はこちら



ゲーム業界への転職志望動機の傾向

 

ゲーム業界で働きたいという人のほとんどは、普段からプライベートでもゲームが大好きという人です。ゲームが大好きという気持ちがなければこの業界で働くことは難しいですし、利用者が遊びたくなるゲームの開発に携わることはできないので、大好きという気持ちは持っていなければいけない大前提の志望動機と言えるでしょう。しかし、ゲームが大好きなら誰でもゲーム業界出働けるかと言えば決してそういうわけではありませんし、ゲーム業界と言ってもどんな企業でどんな事をするのかという職務は幅広いので、志望動機を考える際には、できるだけより具体的な動機を考えなければいけません。

 

ゲーム業界への転職を希望する人たちの志望動機は、大きく分けると「仕事がしたい」という人と「ゲームが好きだ」という人に分類できる傾向があります。このうち、仕事がしたいという志望動機の人は、面接官にとっては要注意となるので注意したほうが良いでしょう。この業界では、ゲームが好きでなければ良い作品を作ることはできません。ただ仕事をしたいだけなら他にももっとクリエイティブではない業界があるわけで、ゲーム業界ではゲームに対する情熱がなければ勤まらないのです。

 

一方、ゲームが大好きだという人なら、スキル次第では採用されるチャンスがあります。その理由は、ゲームに対する情熱を教えることは出来なくても、開発に必要なスキルを教えることは可能だからです。面接の際には、面接官はそうした部分をよくチェックしているので、その点は注意してくださいね。ただし、ゲームがいくら好きでも開発に携われるスキルがゼロだったり、センスすらなければ採用されることは難しいので、普段からゲーム業界に必要なスキルについては勉強しておくことをおすすめします。普段から自己学習でも何でもよいので、スキルを身に着けることに専念するようにしてくださいね。もしも資格などを取得できれば、なおよいでしょう。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」の詳細はこちら