ゲーム業界:転職時の面接について

 

ゲーム業界への転職を希望する場合、他の業界と比べるとWEBなどITを最大限に駆使した面接方法を取り入れている所が比較的多いですが、大企業になると従来の対面式の面接が行われる場合もたくさんあります。すでにこの業界で働いた経験がある人の転職では、それまでにどんな業務をしてきたのかという点を詳しく面接で話すことになり、企業側のニーズとマッチすれば採用されやすくなります。しかし、これまでゲーム業界で働いた経験がない人の場合には、仕事探しをする際に「初心者でも可」というお仕事を見つける必要があり、根気よく時間をかけて自分にピッタリの求人を見つけることが大切です。ただし、ゲーム業界と言っても大企業の場合には、人事や経理などゲームとは関係ないスキルや経験が評価されることもあるので、ゲーム業界以外の分野で働いた経験がプラスになることももちろんあります。

 

他の業界からの転職を希望する場合、面接で必ず聞かれることがあります。それは、どこでどんな風にゲーム業界に必要なスキルを身に着けたのかという点です。IT系の企業で働いた経験がある人なら、プログラムの知識やスキルは職場で身につけることができますが、全く違う業界でしか経験がない人の場合、独学で学んだのか、専門学校などを利用したのか、また趣味などでプログラムを組みスキルを付けたのかなど、どこでどんな風に、またどのぐらいの期間をかけて学んだのかという点は多種多様です。理想的な答えというものはないので、正直に、またより詳しく具体的に自分のゲームに対する情熱を語ることで、採用担当者に熱意が伝わりやすくなります。

 

また面接に際して、自分が作成した作品がある場合には、タブレットなどに収めて持参するという方法もアリです。百聞は一見に如かずと言う通り、実際に作品を見てもらえれば自分のスキルを伝えることができます。企業によっては、面接の前に作品を提出し、その評価も行った上で面接者を選ぶという方法もあるようです。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



ゲーム業界転職での面接の服装

 

学校を卒業したばかりの時の就職では、面接のときにはリクルートスーツと呼ばれる服装で面接に臨むのが基本となります。近年では業界ごとに雰囲気を変えたり、リクルートスーツでも若干デザインが異なっていて、その業界の雰囲気に合った自分を演出できるような工夫ができますが、一度社会人として働いた経験がある人が転職をする際には、どんな服装で面接に臨んだらよいのか迷ってしまいますよね。

 

転職面接では、リクルートスーツを着る必要はありません。しかし、普段どんな格好で仕事をしているかにもよりますが、普段の仕事着がそのまま転職面接に適しているとも限りません。業界ごとに雰囲気は異なるので、できるだけその業界の雰囲気に合った服装で面接に臨んだほうが、好感度はアップすることで賞。

 

ゲーム業界で働く人達の服装は、大半はカジュアルな服装です。もちろん、営業や対外的な職務をこなす人はスーツ着用ですが、社内で開発に臨む人たちはジーンズやTシャツなど、快適でカジュアルな服装で働くことが多いですね。しかし、その格好で転職面接に臨むのはNGなので、やはり面接の際にはスーツで臨むのがベストでしょう。転職時の面接では、既に社会人としての常識を心得ている人という前提で面接が行われます。そのため、面接前に「どんな服装で臨めばよいですか?」なんて質問するのはダメですし、普段仕事をしているそのままの服装で臨むのもよろしくありません。スーツを選ぶ際には、高級なスーツとか特定のデザインなどは全く関係なく、一般的な社会人が通勤する時に着ているようなスーツで問題ありません。色も一般的なグレーとか紺色などが無難ですね。男性の場合には、スーツにネクタイを合わせることも忘れずにしてください。

 

女性の場合にも、転職面接ではスーツが基本となります。あまりお嬢様らしい服装よりは、リクルートスーツにちかい中性的なイメージのスーツの方が好感を持たれます。社会人としてしばらく働いていると、仕事の際の服装やスーツにも本人の好みや嗜好が洗われやすいのですが、できるだけオリジナリティは出さずに無難な服装の方が良いですね。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」の詳細はこちら