未経験でのゲームディレクター転職について

 

ゲーム業界の中でも人気が高い職種と言えば、やはりゲーム生産現場における花形職業となるゲームディレクターではないでしょうか。このお仕事は、ゲーム開発を行う現場においては総監督という位置づけとなり、ゲームの企画から開発まですべてを取り仕切るお仕事です。ゲーム制作にはデザイナーやプランナー、プログラマーなどたくさんのスタッフが関係しますが、それぞれ高い専門知識を持つスタッフたちの指揮を執ることが求められるため、ゲームディレクターはすべての分野に関して経験や知識、スキルを持っていることが求められます。

 

もともとゲームディレクターとしての経験がある人なら、転職先を見つけることはそれほど難しくはないかもしれません。しかし、ゲーム業界で働いていてもディレクターの経験がなければ「未経験者」という扱いとなり、転職先を探すのは簡単ではなくなってしまいます。一つ一つの求人を見ながら、どれが未経験者OKなのかを模索する仕事探しの方法もアリですが、時間と労力がかかってしまうので効率的ではありませんね。

 

そこでおすすめなのが、ギークリーのようなゲーム業界の転職情報のみを取り扱っている転職サイトを利用する方法です。ギークリーでは他の転職サイトと同じように、この業界の転職に精通したプロの担当者が仕事探しをサポートしてくれますし、アドバイスやプロの視点から的確な意見を聞きながら転職活動ができるというメリットが期待できます。自分1人で仕事を探すよりも、効率的に未経験者OKのゲームディレクターの仕事も見つけやすくなるのではないでしょうか。

 

経験がない人の場合、最初から高待遇や好条件のお仕事を見つけることは難しいかもしれません。企業の規模を少し小さな所にしたり、知名度があまりない企業にしたり、また条件や待遇がイマイチなお仕事だと、経験者の求職者が少なくなるので、未経験者でもゲームディレクターとして採用されやすくなりそうですね。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



未経験でのゲームディレクター転職のコツ

 

普段からゲームが大好きという人にとっては、憧れのゲーム業界で働いてみたいですよね。この業界は、即戦力になることが何よりも採用の際に優先されるので、学歴や年齢などに関係なく、ゲーム開発に取り組むことができる基本的なスキル、そして社会人としての基礎的なマナーなどがあれば、未経験でも比較的転職しやすい業界なのです。また、ゲームが大好きという熱意や情熱を持っていることもまた、この業界で働く際にはとても大切な要素の一つと言えるでしょう。

 

ゲーム業界で働くと言っても、そこにはたくさんの職種や職務があります。その中でもゲームディレクターというお仕事は、ゲームを開発しているチーム全体を統括するという位置づけとなり、行ってみればプロジェクトマネージャーのような立場となります。管理職のお仕事ですけれど、開発にかかわっている人たちを管理するというよりは、一人一人の工程や進捗度合いをチェックして、的確にアドバイスをしたり指示をすることが主な仕事となります。実際にゲームディレクターが開発にかかわることは少ないのですが、一つ一つの仕事内容を把握していることはゲームディレクターに求められる大切な要素となるので、未経験者が転職していきなりゲームディレクターになるということは少なく、まずはプログラマーとかデザイナーなどのお仕事から始めて、スキルアップやステップアップとしてゲームディレクターの仕事をこなすことになります。

 

ゲーム業界未経験者が転職活動をする場合、将来はゲームディレクターになりたいという夢を伝えることは全く問題ありません。ゲーム業界で頑張りたいという熱意を持っていることは素晴らしいことですし、最初はプログラムやデザインを勉強した上でステップアップしたいという目標を持っていることは、高く評価してもらえるでしょう。未経験者がいきなりゲームディレクターの求人に応募しても難しいかもしれないので、転職サイトを利用しながら適切なお仕事を見つけましょう。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら