ゲーム業界転職の年齢について

 

ゲーム業界は、IT業界の中でも比較的新しいジャンルに属する分野で、転職を希望する人の年齢をみると、ほかの分野と比べてとても若いという特徴があります。基本的にゲーム業界では年齢や学歴などはあまり関係なく、即戦力として働けること、そしてゲームが大好きであることやクリエイティブな気持ちを持っていることの方が高く評価される業界です。もともとゲームが好きなプログラマーたちがこの業界への転職を希望することが多いのですが、プログラミングのスキルがあり、こんなゲームがあったらいいな、こんな特徴を持ったゲームを作りたいなというクリエイティブな愛で和思っている人なら、年齢に関係なくゲーム業界では転職しやすいのではないでしょうか。

 

この業界には、知名度が高い大手のメーカーから中小企業まで幅広くあります。求人を探す場合には、ハローワークのような仕事斡旋所よりは、GEEKLY(ギークリー)などネットで仕事探しができる転職サイトを利用する方法がおススメです。特にGEEKLY(ギークリー)はゲーム業界の求人を専門に取り扱っているので、大きな企業から小さな企業まで幅広く求人を取り扱っていますし、IT業界ならではの使いやすい特徴が充実しているので、WEBを最大限に活用して仕事探しができます。

 

20代での転職希望者が多いゲーム業界ですが、30代や40代、50代でも転職することは可能です。基本的にこの業界では即戦力になれば年齢はあまり関係ありません。ただし、ゲーム業界でも大手企業になると、社員の全員がプログラマーというわけではなく、経理や人事、総務などに従事する人もいるので、必ずしもプログラムが得意でなければゲーム業界では働けないというわけでもないですね。ゲームという右肩上がりに急成長を続けている業界で働きたい人は、自分が持っているスキルをその企業のどんな所に生かせるのかを考えながら仕事探しをするのが良いでしょう。上下関係があまり厳しくない業界なので、フランクな環境で働きたい人にもピッタリです。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



ゲーム業界転職での人気の年齢

 

ゲーム業界への転職というと、楽しくゲームで遊ぶ年齢をイメージしてしまう人が多いためでしょうか、若い年齢の方が有利だと考えがちです。転職に人気の年齢などは業界によって異なりますが、ゲーム業界の場合には、実力があれば年齢が低くても高くても、あまり転職には影響しないようです。もちろん、全く異なる業界からこの業界へ転職を希望する場合には、雇用側としては人材育成とか教育のことを考えるため、年齢が低い人を希望することが多いのですが、必ずしも年齢が高いからと言って不採用になってしまうわけではないので、安心してくださいね。

 

ゲーム業界への転職で人気の年齢は、20代から30代が多くなっています。この年代は、未経験者の求人がたくさんあるので、この業界についての専門的な知識やスキルがなくても、比較的転職先を見つけやすいのではないでしょうか。30代後半になると、求人募集自体が、経験者優遇のものが増えるので、別の業界からの転職は希望してもなかなか実現しにくくなってしまいますが、スキルがあれば年齢が高くても経験者として応募できるので、その限りではありませんね。

 

ゲーム業界への転職を希望する人の中には、正社員ではなくてフリーランスなどで働くことを希望する人が多いという特徴があります。ほかの業界では、少しでも安定した仕事環境を求めるために正社員で働くことを希望する人が圧倒的に多いのですが、この業界では一つの企業にとどまらずに、ステップアップやキャリアアップしながら年収を高くすることを希望する人が多いため、正社員よりもフリーランスを希望する人の割合は、ほかの業界と比べると高くなっています。スキルがあれば年齢が高くても転職しやすいのが、この業界の大きな特徴と言えるでしょう。

 

ただし、年齢が高くなっての転職をする際には、定年退職とか老後の設計のこともきちんと念頭に入れて、計画的に転職することをおすすめします。もしも現在40代で正社員として働いている場合には、50代に入ってからフリーランスとして転職してしまうと、退職金を受け取る資格がなくなってしまったり、その他福利厚生面でもハンデになってしまうかもしれません。そうしたこともきちんと考えたうえで転職してくださいね。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」の詳細はこちら