ゲーム業界転職必勝ガイドについて

ゲームプランナーやゲームディレクター、アニメゲーム開発等のゲーム業界への転職について詳しく解説!! またゲーム業界への転職年齢や面接時の注意点、転職回数の影響やお薦めの転職サイトの紹介などなどゲーム業界転職について幅広く奥深くまで網羅した専門情報サイトです。ゲーム業界に転職する前の参考にぜひご覧になってみてくださいね!


 

ゲーム業界への転職 その志望動機

ゲーム業界への転職を希望する人はたくさんいますが、志望動機は様々です。例えば、すでにこの業界で働いた経験がある人の場合には、もっと高待遇の職場で働きたいと考えることもあるでしょうし、より専門的な職務に取り組みたいという人もいます。また、たくさんのプログラマーたちとチームとなって働くことによって、より刺激や影響を受けたいという人も多いようです。どんな志望動機でも、現在ゲーム業界で働いている人は、働き方や業界の特徴、雰囲気などを理解していることが多いですし、職務に必要なスキルを持っていることが多いので、採用されやすくなることは言うまでもありません。

 

しかし、ゲーム業界で働いた経験がなくても、スキルがあれば採用されることは十分に可能です。しかしその場合には、ただゲーム業界で働いてみたいという夢や憧れを語るだけでは採用にはつながりません。職務を実行するために必要なスキルをどのぐらいのレベルで持っているのかという点を面接では詳しく効かれることになりますし、できるだけ面接ではっきりと相手に伝えるためのコミュニケーション力や専門知識も求められます。普段の仕事で全く別の職務をしている人にとっては、なかなかハードルは高いかもしれませんが、自分で作成したことがある作品などがあれば、ぜひ持参して披露するという方法もアリです。

 

ゲーム業界への転職を希望する人の志望動機には、モノづくりに関わりたいというものも多いようです。モノづくりと言ってもゲーム業界ではデジタルでの作品作りになりますが、これから成長を続けるバーチャルな世界でのモノづくりに興味を持つ人は多いようですね。

 

どのような志望動機でも、転職に成功するためには自分のスキルレベルに合った求人を見つけることが大切です。初心者の人なら「初心者可」の求人の方が「経験者優遇」のものよりも採用されやすくなりますし、専門的な知識が高い人なら、転職で収入アップも夢ではありません。GEEKLY(ギークリー)のような転職サイトを活用しながら、効率的に仕事探しをしたいですね。

 

ゲーム業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



Copyright (C) 2017 ゲーム業界転職必勝ガイド All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます